信用取引の担保について!どんなものがあるのか

信用取引は基本は担保なし

様々な金融取引がありますがその手法の一つにた信用取引があります。つまりは、自分のことを信用してもらって取引をするわけです。倍率を高くすることができますので少しの値動きで何倍もの利益を得ることができることもあります。当たり前ですがどんな信用を得ることができればこうした取引ができるのか、といいますと一つは担保です。しかし、実際には担保はあまり取られていないです。FXなどでは特に担保を取るようなことはしていないです。

どうしても担保が必要であれば

少しでも担保が必要であれば不動産などがその対象となることでしょう。或いは債券なども基本的にはその対象とすることができるようになります。但し、これには正式な契約書が必要になりますから、はっきりいってかなり面倒になります。ですから、FXではとっていないわけです。特に不動産はとてもよい担保価値があるのですが物凄く面倒な査定と手続きが必要になりますから、信用取引でも特に担保を取らないことが多くなっているのです。

追加証拠金を入れる必要があります

担保というわけではないのですが、保証金を入れることになります。FXなどは外国為替証拠金取引と呼ばれているくらいであり、この証拠金こそがある程度の担保になっているといえます。しかし、この証拠金をマイナスにしてしまうと追加でいれる必要があります。追加証拠金と言うのを入れる必要がありますから、極めて大変なリスクになります。言うまでもありませんが、これがなかなかリスキーになってしまう取引です。それでも良い取引の仕方です。

信用取引の担保の内容として、土地や不動産などが設定されるケースが多くありますが、具体的な手続きの取り方を把握することが大事です。