最近よく耳にするJリート・ファンドとは何か?

リート(REIT)とは?

最近、Jリート・ファンドという言葉を耳にするけれども、その意味がよくわからないという方もおられるのではないでしょうか。そういう方のために、ここではこの言葉の意味を解説していくことにしましょう。まず、リートというのは、英語のREITのことで、REITはReal Estate Investment Fundの略になります。Real Estateは不動産で、Investment Fundは投資信託という意味になります。

Jリート(REIT)とは?

つまり、リートは不動産投資信託という意味になるわけです。それでは、一番はじめについているJとは何なのかと言いますと、Japanの略です。すなわち、Jリートは、日本の不動産投資信託ということになります。ただ、このように訳してしまいますと、投資信託商品の一部のように思ってしまいがちですが、Jリートには株式のように色々な銘柄があって、同じく株式のように市場で自由に売買することができるようになっています。

Jリート・ファンドとは?

ですから、取引方法という観点からは、Jリートは株式の一種であると考えたほうがよいでしょう。それでは、Jリート・ファンドとは何かと言いますと、この場合のファンドは投資信託のことを意味しており、Jリートの銘柄で運用をする投資信託ということになります。つまり、通常の投資信託が、株式の銘柄に投資をして資金を運用をしていくのに対して、このJリート・ファンドは、Jリートの銘柄に投資をして資金を運用していくものであるということです。

j リートのファンドとは、不動産投資信託証券を主に投資対象として、信託財産の成長を伸ばす事を目標とした運用のことです。