相続税の対策や相談はどこに行けば良いのか?

相続の相談ができる3つの士業

相続の相談ができる代表的な士業は3つあります。一般的に土地や家屋の相続がある時には司法書士が手続き上で必ず必要な存在になります。この時に相続税が発生しないのであえれば、司法書士のみの対応になります。相続税が発生するようであれば、相続税の申告ができる税理士の存在が欠かせなくなります。残りの2つの士業は必ずしも必要になる事はありませんが、相続の問題で親族でもめるような事が起きた時には最悪の場合には弁護士を頼る事も考えられます。それぞれの状況に応じた士業に頼む事が相続に関する手続きをスムーズに行う事ができますが、一般的には司法書士や税理士への相談が無難になり、できるだけ相続に特化している事務所に依頼をすることが理想になります。

相続税が発生したら税理士に相談に行こう

相続税が発生した場合には、司法書士だけでは相続税の申告ができませんので、税理士に依頼をすることになります。問題はどこの税理士が所属する会計事務所に相談に行くのが良いのかという選択になると難しい問題にもなります。そもそも相続税の対象になるケースはこれまでの法律ではほとんどの場合で非課税になっていたので、司法書士だけで事がたりてしまう事も多く、税理士の出番が少ない事もあるせいか相続などよりも他の業務を得意としている会計事務所や税理士が多いのが現実でした。法律も変わった事で、相続税の対象者が増えると言われていますので、今後は相続税の相談を得意分野とする税理士が増えてくるようになるのかもしれません。もし、税理士に依頼をするのであればできるだけ相続相談を得意としている税理士に相談をすると手続きが楽になります。

相続税の申告方法はどのように行うのか?

相続税の申告に関する手続きは個人でもできますが、複雑な作業が多く申告もスムーズに行いたいのであれば、専門家に依頼をすることが基本になります。相続税の申告には、被相続人の財産であるものを全て評価をした上で計算をします。これで全ての財産に対する相続税の計算は可能になりますが、現実的には相続人の中で遺産をどう分配するかを決定させます。これで個々の遺産額がわかりますので、相続税も個々に算出できる事になります。この申告手続きに必要な申告書は10か月という限られた期間での作成が決められているので専門家である税理士に依頼をすることでスムーズに手続きが進みます。忘れてはいけないのが、相続税の計算時に土地や家屋といった不動産の登記などの財産に対する名義の変更を行っておかなくてはなりません。この手続きには司法書士に依頼をする事になりますが、一般的には司法書士と税理士は同一事務所で活動をしている事もありますし、お互いに紹介などをしている事でより円滑に相続手続きをすすめるようにしているので任せるのが無難になります。

相続税の問題が発生したら、ただちに解決すべきです。税理士など税金問題の専門家なら、相続税相談に最適です。