ゲーム制作をするには高校進学よりも専門学校がいい!?

若いうちから将来の進路が決まっていること

学生時代から、将来の自分のなりたい夢を持っている人は、その道へ進むための勉強をする人が多いです。しかし若いうちから自分の将来の進路を決めれる人も数は少ない方と言えます。そのため多くの若者は、周囲の人たちが進むような進路をとる人が多く、中学を卒業すると高校、大学に進んだりします。それらの学校生活を通して自分の進むべき道を模索して見つけ出します。しかしながら就職活動の時になっても、まだ迷っている人も多いのは事実で、それほど難しい決定と言えます。

ゲーム遊びが好きな子がゲームを制作したいと思うこと

そんな中で若いうちから決められる理由としては、自分の親がその仕事に従事しているからということが挙げられます。親が医者の場合には、その子供の医者を目指すケースが多いです。その働き方、働き甲斐を身近に見ていてわかっているので、そこに将来の自分の像を投影しやすいということが言えます。また自分が大好きなことがある人は、周囲の反対がなければその夢に向かって走ることになります。学校の野球部に入り、プロ野球選手を目指したり、携帯ゲーム、ネットゲームや家庭用ゲームが好きな人はゲームを作ってみんなを楽しませたいと思うようになります。

トータル的なゲーム制作能力を磨く専門学校

例えば将来ゲームを制作したいと思っている子供の中学卒業時の三者面談で進路の話をする際に、子供の希望をかなえることに賛成の親は、高校進学よりもゲーム制作の専門学校へ入学させたりします。その技能が普通の高校では当然ノウハウを得ることができず、専門性が高い分野で特殊なスキルを身につける必要があるためです。ゲーム制作もそのスキルや経験と同様、発想力や感性、また市場の動向やマーケティング能力も必要になるために、より実践的な勉強がゲーム制作の専門学校では可能です。

ゲームの専門学校とは、主にゲーム制作のクリエイターを育成する学校です。プログラミングやデザイン、映像などの総合的な技術を学ぶことが可能です。