ファッションの専門学校ではパタンナーになれる所もある!

パタンナーという仕事ってどんな仕事?

ファッション業界で活躍するパタンナーという仕事は、一言で言うと型紙を制作する仕事です。洋服を作るとなった時には、最初にその型紙が必要となってきますが、それを作るのが仕事でありデザイナーとそのパタンナーは洋服作りに置いて無くてはならない存在となっています。また、仕事自体もデザイナーと一緒に仕事を進める仕事となっており、デザイナーの頭の中に浮かんだイメージ通りの洋服が出来るようにパタンナーが型紙を作って行きます。

仕事の面白さについて

また、パタンナーの仕事の面白さについては、自身で手がけた型紙が大量生産の基盤となり、洋服が作られていくという事です。自分が作った洋服が世の中の人が着る洋服の基となっている実感を味わうことがそこで出来るでしょう。ちなみに最近では工業生産用の型紙作成についてはアパレルCADと呼ばれる専門のソフトが利用されています。これから将来的にパタンナーになりたいという方は、そんな知識も身につけて行くと良いでしょう。

専門学校ではパタンナーの知識が身に付く

将来的にファッション業界でパタンナーとしてビジネスをしていきたいという方は、専門学校のパタンナー養成コースへ進みましょう。そこでは先ほどのアパレルCADに関する知識の習得が出来たり、パタンナーになるための最低限の技術などを身につけていくことが可能です。洋服を作成するときには欠かせない仕事ですので、就職にもパタンナーは強かったりします。ファッション業界を目指しているならまずは専門学校へ進学をしていくとよいですよ。

服飾の専門学校はファッションクリエイターやファッションビジネスなどそれぞれの専門的なことをファッションセンスを磨きながら学べる学校です。