相続税が発生したら!プロの税理士に相談しましょう!

相続税ってどういうもの?

親族がなくなった場合や、生きているうちに財産を貰った場合に受け取る場合に相続税がかかります。相続税とは財産を受け取った人が国に払う税金の事です。財産を受け取った人の事を相続人といい、相続税を支払う理由として1.偶然財産を得た不労収入のため。2.特定の人に財産が集中しないようにするため。となっています。財産を受け取っただけなのに税金を払わなければいけないなんて、相続人にとっては嫌な事ですね。ですが日本の法律で決まっているので仕方がありません。

どんな場合に相続税が発生する?

相続税がかかるケースにどんなものがあるかご存知ですか?相続税がかかるのは1、相続(財産を持つ人が生前に誰に相続させるか決めていなかった場合)2、遺贈(遺言があるが相続人が財産を貰える事を知らなかった場合)3、死因贈与(生前に財産をもつ人と相続人が契約し、財産を受け取る事を知っていた場合)4、生前贈与(死亡する前に相続人に財産を渡す場合)があります。こう見ると親族が亡くなり、財産がある場合はだいたい相続税がかかるのです。

相続税で困ったら税理士に相談を!

相続税は相続が発生してから、申告・納税までの期間が10カ月と早いです。相続したら早めに税理士に相談する事をお勧めします。財産の内容や相続人の状況によって、相続税が軽減できるケースがあります。1、配偶者の税額軽減。2、小規模宅地の評価減。3、特定事業用資産。4、相次相続控除。5、未成年控除。6、障害者控除。7、贈与税額控除があります。このように相続税を軽減する事が出来るので、税理士に相談し少しでも支払う税金を少なくする事が出来るといいですね。

相続の申告を税理士に依頼する方法はメリットが多いのでおすすめです。税金や法律に詳しいために、とても参考になるからです。